--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズHIVの感染確率は?エイズ感染者と性行為のエイズHIV感染の確率?

2011年04月05日 09:00

エイズ感染者と性行為のエイズHIV感染の確率は?

エイズ感染者(HIV)と性行為を持つと、すぐにエイズ(AIDS/HIV)にかかるわけではない。
 

エイズHIVの感染確率1 
性行為のエイズHIV感染の確率は?

特に、エイズHIVウイルスに感染した人が適切な治療を受け、血液の中で活動するエイズHIVウイルスを無力化させたときは、感染の可能性が落ちる。

正常な人がエイズHIV患者と一回の性行為をするときにエイズHIVに感染する確率は0.1〜0.2%である。

しかし、性別、治療するかどうかに応じて、感染の確率は大きく変わる。

だいたい、男性の所有者からの女性に伝染する確率は0.1〜0.2%、女性の保有者からの男性の方に伝染する確率は、0.03〜0.1%程度と推定されている。

男性が女性を伝染させる危険性がより高いのだ。


エイズHIVの感染確率2
エイズHIVの感染


専門家は、性行為時に男性の分泌物でのエイズHIVウイルス濃度が女性よりも高く、身体の構造の違いのため、女性が反対側の分泌物をより多く露出されるからだと説明している。

男性同性愛者同士の性行為の際には0.5〜3%まで上昇する。

ある医療学会誌は、HIVは、女性患者からの男性の方に伝染する確率よりも男性の患者からの女性に伝染する確率が約8倍も高いと明らかにした。

エイズHIV治療薬を服用すると感染する確率はかなり落ちる。

ウイルスの分布と活動性に応じて異なるが、3分の1以下に落ちることが知られている。

参考までにエイズ治療を受ければ死亡率は80%以上低下することが知られている。

エイズHIVの感染確率3
赤ちゃんのエイズHIVの感染確率

女性が赤ちゃんを産むと赤ちゃんがエイズにかかるということはない。

エイズに感染した事実を知らずに妊娠した場合は、赤ちゃんがエイズにかかる確率は約30%だが、エイズHIV治療薬を服用すると感染する確率は約8%に大きく落ちる。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/9-f46c45a6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。