--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIV AIDS違い?(エイズとhivの違い)AIDS(エイズ)の原因とAIDS(エイズ)の予防方法!

2011年03月24日 09:00

エイズとHIVの違い(HIV AIDS違い)
AIDS(エイズ)の原因とAIDS(エイズ)の予防方法!

HIV AIDS違い?(エイズとhivの違い)AIDS(エイズ)の原因とAIDS(エイズ)の予防方法!

HIVとAIDS(エイズ) = HIV(Human Immunodeficiency Virus)は、"ヒト免疫不全ウイルス"で、エイズ(AIDS)を引き起こす病原体である。

HIVウイルスが体内に入ると、免疫を担う細胞を見つけて、免疫細胞内で増殖をしながら、免疫細胞を破壊させる。

HIVは血液、精液、膣分泌物、母乳に多くの量があり、主に主に性行為や感染した血液の輸血、感染した妊婦の妊娠、出産を介してウイルスが伝播される。

エイズ(Acquired Immuno Deficiency Syndrome:エイズ)はHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染して表示される進行性症候群である。

HIVに感染すると、私達の体の免疫システムが破壊され、その程度がどのレベルを超えると、ただの感染症でも、免疫システムが正常に機能せず、致命的な合併症を引き起こすことができる。

HIV伝染であるが、エイズ(AIDS)患者で進行されるまで、このウイルスは、人体の免疫システムを損傷させる役割を果たすことになる。

ほとんどの人は幼年時代にあった感染症の再発のような病気について、人体内で自分で抵抗して制御して、正常な状態に回復が可能である。

しかし、HIVに感染すると、これらの免疫機能を喪失して、病気にまで進行される。

エイズ(AIDS)患者の死亡原因は、単にHIVに感染しているからではなく、HIVが人体に浸透して、正常な免疫機能を徐々に減少させ、どのような疾患が発生しても、これを防ぐことができない状態にするためだ。


エイズ(AIDS)の原因とエイズ(AIDS)の予防方法


エイズ(AIDS)の原因とエイズ(AIDS)の予防方法

エイズ(AIDS)は、異性間の性的接触による感染が99%に達する。

最近増えているエイズ(AIDS)の原因は、性的接触による場合がほとんどである。

治療が難しく死亡に至ることがある恐ろしい病気だということを、多くの人々が知っているにもかかわらず、予防や事後の治療法、検査には知らないことも事実である。

性生活をする上でも避妊具の使用だけ確かにすれば、エイズはもちろん、その他の性感染症の大部分を予防することができる。

エイズ感染(AIDS感染)は健康だけでなく、社会的偏見や日常生活での難しさも生じる可能性があり心理的にも精神的にも大きく影響を受けることができる。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/5-f99f5e42
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。