--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型エイズシャガス病が拡散!HIV初期症状との違いは?

2013年11月07日 23:20

新型エイズシャガス病が拡散!HIV初期症状との違いは?
新型エイズシャガス病(Chagas Disease)、エイズ初期感染状況と似ている?
エイズ初期症状(HIV初期症状)と新型エイズシャガス症状を比較!
新型エイズシャガス病が拡散!HIV初期症状との違いは?1
新型エイズシャガス病が拡散!HIV初期症状との違いは?
HIV初期症状(エイズ初期症状)と新型エイズシャガス病比較!

アメリカを中心に "新型エイズ"が広がっている。
ニューヨークタイムズは、米国をはじめとしてボリビア、メキシコ、コロンビアなど中南米諸国巻まで広がった新型エイズ "シャガス病(Chagas Disease)"について報道した。

ニューヨークタイムズは、医学誌PLos Neglected Tropical Diseasesを引用し、新型エイズシャガス病(Chagas Disease)にかかった患者が南米圏だけでも800万人、アメリカでも30万人になると伝えた。

また、米国と中米地域で起こっている新型エイズシャガス病(Chagas Disease)電波傾向がエイズ初期感染状況と似ていると明らかにした。

新型エイズシャガス病が拡散!HIV初期症状との違いは?2
エイズの初期症状、HIV初期症状皮膚変化
この他にエイズ初期症状発熱(HIV初期症状微熱)などエイズの症状がある

後天性免疫不全ウイルス(HIV)に感染した場合、人体の免疫力が大幅に低下し、感染症や腫瘍が現れ、このような状態がエイズだ。

HIV感染の主な感染経路は性的接触、汚染された注射器の共同使用、HIVに感染した血液の輸血である。

エイズ初期症状(HIV初期症状)は、風邪の症状の急性症状を見せるが、HIVが人体の免疫細胞を破壊し、頭打ちになって、さまざまな感染症や腫瘍が発生する。

 
新型エイズシャガス病が拡散!HIV初期症状との違いは?3
HIV初期症状(エイズ初期症状発熱)
新型エイズシャガス病の電波傾向がエイズ初期感染状況と似ている

しかし、過去とは異なり、様々な治療薬と診断法の向上で早期に発見し、安定した病院の診療と自己管理さえすれば、高血圧や糖尿病のように日常で問題なく生活することができる。

シャガス病はまた、エイズと同様に潜伏期間が長いうえに治療が事実上不可能だというのが専門家たちの意見だ。

シャガス病の感染経路は母を介して子に、または輸血の過程で感染され、新型エイズシャガス病の症状はさらに深刻だ。

感染者のうち4分の1ほどが、最終的に心臓や腸が大きくなり、結局、機能が麻痺して突然死する可能性もある。

このようなシャガス病の治療には、薬性が強い薬をぶっ通しで3ヶ月も必要があることと同時に、早期発見時にのみ効果があると知られた。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/41-1975d3bd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。