--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ初期症状、エイズ(HIV)感染を示す初期症状は?(エイズ(HIV)初期感染者症状)

2011年03月22日 09:00

エイズ(HIV)感染者のエイズ初期症状:エイズ(HIV)感染を示す初期症状とは?  


エイズ初期症状、エイズ(HIV)感染を示す初期症状は?1


エイズ(HIV)に感染すると、3〜6週間後にインフルエンザに似た症状、すなわち、熱が出て、のどが痛く、全身を選び、嘔吐、下痢が出て体がだるくなり、一部では、リンパ節が腫れたり皮膚に赤い斑点やじんましんが出たりする。

これらのエイズ初期症状は、特別な治療をしなくても1〜2週間後に自然に消失する。

しかし、このようなエイズ初期症状は、すべてのエイズ(HIV)感染者から表示される現象ではない。

このようなエイズ初期症状は、約30-50%の伝染だけで表示することができ、このような症状は、いくつかの他の病気でもよく見られる典型的な症状と同じであるため、このような症状があるとしてエイズに感染したと判断してはならない。

エイズ感染の危険性がある行動をした人々のうち、ほとんどの人々がこれらのエイズ初期症状と同じような現象が自分に現れるとし、感染を疑われる場合も、まさにこのエイズの症状がいくつかの他の症状との差がないからだ。


エイズ初期症状、エイズ(HIV)感染を示す初期症状は?2 

しかし、エイズ(HIV)に実際に感染している人にこの症状が出た場合は、この症状を『HIV急性感染症』とも言えるし、これは、人体に入ってきたHIVが増殖して血液中に回るのウイルス血症によって作り出されたものと見ることができる。

これらの症状は特に治療しなくても伝染自身の免疫力によって抑制され、自然に消えることになる。そして、抗体はこれらの症状の消失後数週間ぶりに検出される。

HIVが人体に侵入して1-6週の最初の潜伏期間が過ぎて症状が現れる場合には、発熱、悪寒、関節痛、頭痛、咽頭痛、筋肉痛、区、腹痛、下痢が発生する場合があり、場合によっては、紅斑、リンパ節腫大、および圧痛、咽頭の充血も発生することができる。


エイズ初期症状は、すべての感染者に表示されるものではなく、約30-50%の感染者にだけ表示される。
このような症状は、いくつかの他の病気でもよく見られる典型的な症状と同じであるため、このような症状があるとして、エイズに感染したと判断してはならない。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/4-2378db5b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。