--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIV感染初期症状!HIV初期症状の特徴は?(AIDSとは?)

2012年08月24日 03:25

HIV感染初期症状!HIV初期症状の特徴は?(AIDSとは?)
HIV感染初期症状! HIV感染者症状は?
HIV感染初期症状!HIV初期症状の特徴は?(AIDSとは?)1 
HIV感染初期症状!HIV初期症状の特徴は?(AIDSとは?)
HIV感染初期症状(HIVの初期症状)HIV感染者の特徴は?

AIDSとは、HIVが体内に侵入し免疫細胞を破壊して様々な感染症やがんなどで死亡する病気である。

HIV感染つまり、HIVが体に入ると、一般的に6~12週間が過ぎてから抗体が生成され、抗体の形成後、検査でHIV感染かどうかを確認することができる。

HIV感染症状が現れる患者と確認されれば、治療していない場合は、数年以内に死亡する可能性が高い。

しかし、HIV感染初期症状であると確定診断されても、早期治療と健康管理だけよくすれば、日常生活をすることができる。

HIV感染初期症状!HIV初期症状の特徴は?(AIDSとは?)2 
AIDSとは様々な感染症やがんなどで死亡する病気である
しかし、HIVの初期症状であると確定診断されても、早期治療と健康管理で、日常生活をすることができる
そのため、HIV初期症状が疑われる場合、検査を受けた方が良い

また、HIV感染の事実も法律的に秘密が保障され、治療費、健康相談、免疫検査などを無料で受けられる。

そのため、HIV初期症状が疑われる場合は、検査を受けた方が良い。

AIDS(エイズ)は、HIV初期症状とHIV疾患の進行段階に分けて見ることができるが、HIVに感染したときに特徴的な症状はない。

しかし、一部ではHIVの初期症状として体重減少、慢性の下痢、発熱、咳、全身疲労などの非特異的HIVの症状が報告されている。

HIV初期症状は風邪の症状と似ている。

HIV感染初期症状!HIV初期症状の特徴は?(AIDSとは?)3
HIV感染初期症状!HIV感染者症状は?
HIVの症状、HIV初期症状は風邪の症状と似ている
HIV症状がない潜伏期間には感染者が認知していない状態で性関係などでウイルスを移すこともできる

このようにHIV感染者症状は風邪と同じようなHIV初期症状を経て、潜伏期間に入る。

以降、HIV症状がない潜伏期間は少なくとも8年から10年ほど持続して免疫力が持続的に低下すると発症することになる。

特に、HIV症状がない潜伏期間には感染者が認知していない状態で性関係などでウイルスを移すこともできる。

また、HIV感染者本人も、治療時期を逃すため、定期検診による早期診断と治療が何よりも重要である。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/38-74c393eb
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。