--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIV感染経路とHIV感染確率は?(エイズ感染経路とエイズ感染確率)

2012年04月02日 05:03

HIV感染経路とHIV感染確率は?(エイズ感染経路とエイズ感染確率)
HIV感染経路とHIV感染確率は?(エイズ感染経路とエイズ感染確率) 1 
HIV感染経路とHIV感染確率は?(エイズ感染経路とエイズ感染確率)

HIV感染経路(エイズ感染経路)の誤解?

HIV感染(エイズ感染)は、血液との直接接触ときでも、接触した部位に傷がなければ安全である。

そのほか汗、唾液、尿、便などの分泌物を介しては、HIV(エイズ)に感染しない。

HIV感染者とスープ(鍋)を一緒に食べてもHIV(エイズ)に感染する可能性は全くない。

軽い身体接触も同様であり、日常生活でのHIV感染確率(エイズ感染確率)はない。

HIV感染経路とHIV感染確率は?(エイズ感染経路とエイズ感染確率) 2
蚊を介したHIV感染確率(エイズ感染確率)はない

蚊を介したHIV感染確率(エイズ感染確率)もない。

HIV感染には血液が一定量必要だが、蚊が吸うことのできる血の量は極少量であるためだ。

また、HIV感染(エイズ感染)は、性同一性とは関係がない。


HIV感染確率は?(エイズ感染確率)

HIV感染経路とHIV感染確率は?(エイズ感染経路とエイズ感染確率) 3 
母親から胎児に移るHIV感染(エイズ感染)は通常25〜30%である

一般的な性行為とき0.1〜0.2%、肛門性行為0.1〜3%、輸血90%、母親から胎児に移る場合は、25〜30%、注射針に刺された場合、0.3%である。

HIV(エイズ)に感染した母親から胎児に移るHIV感染(エイズ感染)は通常25〜30%であるが、エイズ治療薬(HIV治療薬)を服用すると、これをはるかに減らすことができる。

注射針に刺されたときは、できるだけ早く石鹸と水で洗った後、エイズ治療薬(HIV治療薬)を4週間程度、服用する方が良い。

性行為時にコンドームが破れて、HIV感染(エイズ感染)が心配なら医師に相談し、エイズ治療薬(HIV治療薬)を服用する方が良い。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/34-3d7c1b4e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。