--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIV初期症状、下痢、発疹、筋肉痛、微熱(熱)などのエイズ(HIV)症状まとめ!(HIV初期症状期間とHIV発生率)

2012年01月05日 23:03

HIV初期症状、下痢、発疹、筋肉痛、微熱(熱)などのエイズ(HIV)症状まとめ!(HIV初期症状期間とHIV発生率)
HIV発生率、75%が性関係を介して伝播!しかし、ほとんどはHIV初期症状ノイローゼ!
HIV初期症状、下痢、発疹、筋肉痛、微熱(熱)などのエイズ(HIV)症状まとめ!(HIV初期症状期間とHIV発生率)1 
HIV初期症状、下痢、発疹、筋肉痛、微熱(熱)などのエイズ(HIV)症状まとめ!
(HIV初期症状期間とHIV発生率)

最近一番問題になっているHIV発生率は75%が性関係を介して伝播される。

しかし、ほとんどはHIV初期症状ノイローゼ現象であるだけでHIV感染は極めて珍しい。

そのほか、HIV感染の血液や血液製剤の輸血を受けたり、感染した母体から胎児や乳児に直接HIV感染になったりする。

HIV初期症状期間は、エイズ(HIV)ウイルスが体に浸透した後、平均1~3週間、長くて3ヶ月が過ぎた後、HIV症状が現れる。

HIV初期症状、下痢、発疹、筋肉痛、微熱(熱)などのエイズ(HIV)症状まとめ!(HIV初期症状期間とHIV発生率)2 
HIV初期症状は、下痢、発疹、筋肉痛、微熱(熱)、咽頭炎、関節痛、食欲不振、体重減少、嘔吐など

HIV初期症状は、下痢、発疹、筋肉痛、微熱(熱)、咽頭炎、関節痛、食欲不振、体重減少、嘔吐などの急性症候群が1~2週間持続して、ほとんど自然に消失する。

その後、HIV無症候期に入り、エイズ(HIV)ウイルスに感染して末期エイズ(HIV)の症状が表示されるまで平均10~11年がかかる。

エイズウイルスが攻撃する特別なリンパ球の数が減少するにつれて、エイズ(HIV)患者はHIV無症候期を過ぎ症状期に入る。

HIV初期症状、下痢、発疹、筋肉痛、微熱(熱)などのエイズ(HIV)症状まとめ!(HIV初期症状期間とHIV発生率)3 
HIV初期症状、日常的な接触ではHIV感染が伝播されない

HIV感染者は、外見で判断することはできない。そのため、配偶者以外の人との性関係を避け、配偶者以外は必ずコンドームを使用しなければならない。

消毒されていない注射器を使用してはならない、タトゥーを入れるときに使用する針も、必ず消毒するかどうかを確認しなければならない。

しかし、日常的な接触ではHIV感染が伝播されない。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/31-99ecb626
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。