--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ初期症状、ほとんどのエイズ(HIV)の初期症状は神経性、ストレス性である可能性が高い?

2011年11月26日 07:45

エイズ初期症状、ほとんどのエイズ(HIV)の初期症状は神経性、ストレス性である可能性が高い?
HIV検査は、エイズ患者との接触日から12週間経過後に!

エイズ初期症状、ほとんどのエイズ(HIV)の初期症状は神経性、ストレス性である可能性が高い?1 
エイズ初期症状、ほとんどのエイズ(HIV)の初期症状は神経性、ストレス性である可能性が高い?

エイズ初期症状は感染者の50%以下に表示され、ほとんどのエイズ(HIV)の初期症状として思われる症状は、神経性、ストレス性である可能性が高い。

エイズの原因菌はHIVとして知られている。

HIVウイルスに感染した後のエイズ初期症状で3〜6週間後に急性HIV症候群という高い熱、咽頭炎、全身の痛み、嘔吐、下痢などのインフルエンザのような症状が現れる。

エイズ(HIV)の初期症状として、全身のリンパ節が腫れて、皮膚に斑点が生じてじんましんが生じる場合もある。

しかし、このような症状は、HIV感染の特異的な症状ではない。インフルエンザと重度の咽頭炎にも表示される症状である。

このように、エイズに伴う様々な症状が他の疾患でも出現するため、HIV感染を疑うことができる初期の症状が別にいるわけではない。

つまり、エイズの初期症状だけで感染したのか簡単に判断できない。
エイズ初期症状、ほとんどのエイズ(HIV)の初期症状は神経性、ストレス性である可能性が高い?2
エイズ初期症状、HIV検査はエイズ患者と接触した日から12週が経過した後に検査を受けたほうが確実である

HIVウイルスに感染した後も、潜伏期間、または抗体の形成がまだされていない時期に検査をしても、陰性として検査結果が出る可能性がある。

エイズ(HIV)の抗体は、HIVウイルスに感染後4〜12週の間に形成されることが知られているが、抗体の形成時期が人によって異なる可能性があるため、12週間後に検査をしたほうが確実である。

そのため、エイズ患者と接触した日から12週が経過した後に検査を受けたほうがいい。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/29-71bb9784
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。