--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ初期症状!発熱、微熱、関節痛、睡眠中の発汗現象はエイズの初期症状?

2011年11月07日 18:30

エイズ初期症状情報!微熱、発熱、関節痛、睡眠中の発汗現象は、エイズの初期症状?
原因不明の発熱症状、エイズ(HIV)に感染している確率が5倍?
エイズ初期症状!発熱、微熱、関節痛、睡眠中の発汗現象はエイズの初期症状?1 
エイズ初期症状!発熱、微熱、関節痛、睡眠中の発汗現象はエイズの初期症状?

エイズ(HIV、後天性免疫不全症候群)感染が血液検査で判明する段階の前でも原因不明の発熱症状、微熱と関節痛、睡眠中の発汗現象が発生する場合は、エイズ初期症状の可能性があると米国医師会雑誌(JAMA)が発表した。

このようなエイズ初期症状は、エイズウイルス(HIV)が人体に侵入しても、抗体の形成過程を経て、血液検査で感染が確認するまで3-6カ月かかるのに比べて、感染初期段階の3-4週間のうちに現れることがあると研究を行なったジョンズホプキンス大学の医療スタッフが明らかにした。

このため、エイズ初期症状の診断のための高度な検査が現実的に不可能な開発途上国では、このような症状の発現状況を観察することがエイズ拡散防止に大きく活用されるとジョンズホプキンス大学の医療スタッフは米国医师会雑志(JAMA)に発表した。

エイズの初期症状の段階の感染者は自分がエイズ(HIV)に感染した事実を知らないので、無分別な性交渉などで、エイズウイルス(HIV)伝播のリスクが比較的高い方だ。

今回の調査は、インドの性感染症のキャリアがありながらHIV抗体検査では、陰性を示した3千8百74人を対象に進行された。

エイズ初期症状!発熱、微熱、関節痛、睡眠中の発汗現象はエイズの初期症状?2
エイズ初期症状:発熱、微熱、関節痛、発汗、冷や汗

研究者たちは、実験対象者の血液中の抗体の形成の段階以前の感染後2週間程度経過後に表示されるP24抗原が存在するかどうかを検査、HIV感染初期の感染者を選び出した。

並行実施した問診では、最近、原因知らず、発熱症状があった人は、エイズ(HIV)に感染している確率がそうでない場合よりも5倍高いことがわかった。

また、関節痛があった人の感染確率は6倍、夜に冷や汗が出た人のエイズ(HIV)感染率は9倍も高いことが分かった。

その他の症状は、エイズ(HIV)感染の初期症状とは別に関係がないことが分かった。

研究者たちはしかし、これらの個々の症状が複合発現された場合については、調査していない。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/28-64a99565
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。