--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ患者感染の事実をしらない?エイズ患者(AIDS/HIV)の20%は感染の事実を知らず、早期治療の機会を逃している!

2011年06月09日 12:55

エイズ患者(AIDS/HIV)感染の事実が分からなく、早期治療の機​​会を逃している!

米国(アメリカ)でのエイズウイルス(AIDS/HIV)に感染した人のうち20%程度が感染の事実を知らないと把握されており、早期治療の機​​会を逃していることが分かった。


エイズ患者感染の事実をしらない?エイズ患者(AIDS/HIV)の20%は感染の事実が分からなくて、早期治療の機​​会を逃している!1 
エイズ患者(AIDS/HIV)20%、感染の事実を知らない!


米国(アメリカ)疾病管理予防センター(CDC)の専門家たちはエイズウイルス(AIDS/HIV)に感染した人のうち20%程度が感染の事実を知らずにおり、エイズウイルス(AIDS/HIV)に感染した人の3分の1は、あまりにも遅く感染の事実を診断され、1年間で、エイズ患者(AIDS/HIV)に発展する状況に直面していると推定している。

全国日刊USAトゥデーは、疾病管理予防センター(CDC)の統計を引用し、このように伝えながら、エイズ患者(AIDS/HIV)の数と、一歩遅れて、エイズ患者(AIDS/HIV)の判定を受けた患者の数が多いフロリダ、ニューヨーク、テキサス州、ジョージア州、ニュージャージー州の順で明らかになったと報道した。

エモリデロリンズ保健大学院のジムキュラン教授は"エイズウイルス(AIDS/HIV)に感染した人々の中であまりにも遅く、エイズの判定を受ける場合が多く、患者の生命を救い、他の人に伝染させることを防ぐ機会を逃す場合が多い"と評価した。

米国(アメリカ)立衛生研究所(NIH)は、5月に公開したレポートで、エイズ患者(AIDS/HIV)に対する治療が開始されると性行為による感染のリスクを96%程度減少させることがあるという研究結果を発表したことがある。


エイズ患者感染の事実をしらない?エイズ患者(AIDS/HIV)の20%は感染の事実が分からなくて、早期治療の機​​会を逃している!2 
エイズ患者(AIDS/HIV)23万6千400人が感染の事実を知らずにいる!

疾病管理予防センター(CDC)は、米国(アメリカ)内のエイズウイルス(AIDS/HIV)に感染した人は約1千100万人であり、この中、23万6千400人が感染の事実を知らずにいるものと推定している。

また、毎年5万6千人余りが新たにエイズ(AIDS/HIV)に感染されている中で、この中の半分は自分がエイズ(AIDS/HIV)に感染した事実を知らない患者たちによって伝播されるものと把握されている。

疾病管理予防センター(CDC)は、2006年以降、医療機関でエイズ検査(AIDS/HIV)の定例化を推奨しており、これに伴い、2001年から2007年の間に一歩遅れて、エイズ患者(AIDS/HIV)の判定を受ける割合が5%程度減少したことが分かった。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/20-be384e98
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。