--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズの症状、エイズの症状とは?エイズ患者の様々な症状(AIDS情報)

2011年03月31日 09:00

エイズの症状とは?エイズ患者の様々な症状


エイズ(AIDS)という病気に関する限り、すべての患者に一貫性のある症状はない。

エイズ患者ごとに異なって表示される様々な症状を総合してみると、 不明な理由で継続される体重の減少、ときには、就寝後の発汗、腫れ上がるリンパ節、赤紫のコインのような斑点などがある。

このような皮膚炎は、末梢血管の癌の症状に発展することもあるが、これをカポシ肉腫(Kaposi 's sarcoma)と呼ぶ。米国のエイズ(AIDS)感染者の中から¼このカポシ肉腫を見せている。

このようなエイズの症状が生じた時、患者は1〜2ヶ月ごとの他の変化がないこともあり、場合によっては、他の感染症の像が、いくつか表示されることもある。

これは、免疫機能が落ちて合併症が起こるからだ。


エイズの症状、エイズの症状とは?エイズ患者の様々な症状(AIDS情報)1


その中で最も一般的なのは、ニューモシスチス・カリニ肺炎(Pneumocystis carinii)と呼ばれる原虫によって発症する一種の肺炎の症状で、米国のエイズ患者のうち⅔がこのような症状を示すため、エイズ診断の一つの方法ともなっている併発症である。

その次の一般的なのが菌類の激しい感染症で脳皮膜に表示される髄膜炎、結核、通常よりも大きく頻繁にヘルペスが表示されるホピス、脳炎がある。


エイズウイルスは、脳の血管に乗って移動することがあるので、直接脳の感染症を引き起こすことができ、 30〜65%のエイズ患者からの脳や神経系の損傷を起こしていることが確認されている。

その結果としての症状は、記憶喪失、精神分裂、感情不安定、歩行困難、痙攣、そして昏睡状態などである。


エイズの症状、エイズの症状とは?エイズ患者の様々な症状(AIDS情報)2

治療が一時的に症状を軽減させることもあるが、このようなエイズの症状は、一つ一つさらに深刻なもので進展され、エイズ患者の免疫機能は非常に失われ、結果的に死に至るようになる。

現在ではほとんどの場合、エイズの発症後2〜4年以内に、例外なく命を失っている。

エイズ患者は、職場生活を継続しようとするが、体重の減少、不変の疲労、多発性感染症のせいで、結果的にはそれが不可能になる。

最後には飢えた人のように見えるようになり、物理的な枯渇だけでなく、情緒的な不安、集中力の緩み、高熱による激しい痛みが続き、激しい咳、筋肉痛などで最後の状態は、肉体と精神が完全に排出された状態になる。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/2-ad8341f6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。