--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ患者(HIV/AIDS患者)がん発症率、エイズ患者(HIV/AIDS患者)胃がんと食道がんの発症率も高い?

2011年05月07日 04:46

エイズ患者(HIV/AIDS患者)胃がんと食道がんの発症率も高い?

エイズ(HIV/AIDS)を患うことは、一部の胃がんや食道がんの発​​症に関連することが分かった。


エイズ患者(HIV/AIDS患者)がん発症率、エイズ患者(HIV/AIDS患者)胃がんと食道がんの発症率も高い?1 
エイズ患者(HIV/AIDS患者)胃がんと食道がんの発症率も高い?


米国立がん研究所の研究チームが明らかにした研究結果によると、エイズ患者(HIV/AIDS患者)が食道がんと胃がんの発症リスクが健康な人々よりも高いことが分かった。

最近の医学技術の発達でエイズ患者(HIV/AIDS患者)は、以前よりも長く生きているが、研究の結果が聞いたカポジ肉腫や、一部のリンパ腫をはじめとする様々ながんを発症するリスクが高い。

しかし、このようにエイズ患者(HIV/AIDS患者)の胃がんや食道がんを発症するリスクが高いことは今まで完全に究明されてなかったが、エイズ(HIV/AIDS)と診断された計60万人の男女を対象にした今回の研究結果エイズ(HIV/AIDS)感染が、一部の胃がんや食道がんの発​​症と関連付けられていることが分かった。

27年にもわたって行われた今回の研究で、合計1166人から、胃がんが240人から食道がんを発症した中での研究の結果、エイズ患者(HIV/AIDS患者)は、健康な人に比べて、胃がんを発症する危険性が6.9倍高いことが分かった。


エイズ患者(HIV/AIDS患者)がん発症率、エイズ患者(HIV/AIDS患者)胃がんと食道がんの発症率も高い?2 
エイズ患者(HIV/AIDS患者)がん発症率


また、エイズ患者(HIV/AIDS患者)のリンパ腫を発症するリスクはなんと36倍も高いことが分かった。

食道がんの場合も、エイズ患者(HIV/AIDS患者)が健康な人に比べて2.7倍高く、扁平上皮がん (Squamous cell carcinoma)、腺がん、食道リンパ腫の場合には、それぞれ54%、101%、26倍も高いことが分かった。

研究チームは"今回の研究は、大規模を対象に行われた研究である事は非常に重要だ"と強調した。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/17-d958aea7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。