--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ 治療薬、エイズ治療薬の使用、適切なタイミングが重要?(AIDS/HIV治療薬情報)

2011年04月21日 09:00

エイズ治療薬?(AIDS/HIV治療薬)の使用、適切なタイミングが重要だ?

エイズ(AIDS/HIV)の治療薬を早期に使用しても死亡率に影響を与えないという主張が出た。

  
エイズ 治療薬1 
エイズ 治療薬 画像


アメリカのマニーポリス素材ヘノピンカウンチメディカルセンターヘンリー博士が率いる研究チームは、内科内科学会誌最新号に発表した研究論文の中でエイズ治療薬の早期使用がエイズを遅延させてくれるが、死亡率に影響を与えることはないと主張した。

研究グループは、早期に薬を使用しない場合は耐性を育ててくれるでしょうし、結局エイズに発展することになるが時期よりも、適切なタイミングがより重要だと強調した。

2万1000人を対象にした今回の研究で研究者は、患者が0.200 X 109 cells / L以下の場合に治療しないと死亡リスクが増加すると主張した。


エイズ 治療薬2 
エイズ 治療薬 画像2


米国の服用のガイドラインではHIV感染症の患者は、CD4のレベルが0.500 X 109 cells / Lの時に服用するようにしており、欧州ではこれより低い0.350 X 109 cells / L以下だ。

研究者たちは、しかし、研究結果の死亡率は、ほぼ同じ似ていると付言した。つまり、一定限度内では、薬物治療の時期と死亡率は関連がないということだ。

CD4は、T細胞の細胞膜タンパク質(55kDa)一種で、T細胞の分化と機能発現に重要な役割を担う。

T細胞受容体は、MHCクラスⅡ上のペプチドを認識するMHC抗原と結合し、補助受容体に作用して抗原結合能を安定化させる。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/14-6c677960
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。