--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズの症状&エイズの症状の段階(エイズの発症の段階)-AIDS/HIV症状症状

2011年04月11日 09:00

エイズの症状&エイズの発症の段階

エイズの症状と発症の手順

エイズの症状&エイズの症状の段階1 
エイズの症状&エイズの症状の段階


エイズの症状 1段階(HIVエイズ 急性感染期)

感染1〜2週間後、発熱、筋肉種、リンパ節の増大の症状が1週間以上持続して消失。

エイズの症状 2段階(無症状期):抗体陽性以外の何の症状なし。

エイズの症状 3段階(リンパ節の増大期):継続的に全身性リンパ節の増大などの変化。

エイズの症状 4段階(全身性症状期): 発熱、下痢、体重減少、皮膚病などの症状あり。

エイズの症状 5段階(エイズ):全身性の症状のほかに2次感染症、二次悪性腫瘍および神経学的疾患の発症。

*エイズは、約2〜10年後に症状が出てくる。


エイズの症状&エイズの症状の段階2 
エイズの症状の段階

今エイズの症状が現れている場合、エイズ初期症状は、減量(平均体重の10%)、原因のない慢性の下痢、発熱、持続的な乾いた咳、全身疲労などが起こる。

病気の進行時は皮膚炎や水ぶくれ、口腔および食道炎、帯状疱疹、リンパ節腫脹などが発生するし、ニューモシスチス・カリニ肺炎(Pneumocystis carinii)などの日和見感染やカポジ肉腫(皮膚がんの一種)などが発現される。

エイズ感染後は、ほとんど10年以内に50%以上がエイズ患者に発症し、患者に進めば、ほぼ2年以内に死亡することもある。

つまり、風邪に似た症状の急性感染期、無症状期、発熱、悪寒、下痢、重度の疲労感などの全身症状を示す時期を経て、皮膚症状、神経の症状、悪性腫瘍など様々な症状が現れる。

関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/12-1ac1ab8c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。