--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ治療の幹細胞治療で可能?幹細胞治療のエイズ治療、効果より副作用が深刻?

2011年04月06日 09:00

幹細胞治療でエイズ治療可能?でもエイズを治療の効果より副作用?


エイズ治療の幹細胞治療で可能?1 
幹細胞移植でエイズを治療?


幹細胞移植治療で、エイズを治療(AIDS/HIV)したという研究結果が出た。

アメリカの血ジャーナルブラッド誌によるとエイズに感染(AIDS/HIV)していた40代の米国人男性が幹細胞移植により治癒(AIDS/HIV)されたと報道した。

エイズに感染(AIDS/HIV)されたこの男性は2007年に幹細胞移植による治療(AIDS/HIV)を受けた。

幹細胞治療してから3年余りが過ぎた今まで、この男性にエイズや白血病の症状は、表示されていないと同紙は伝えた。

幹細胞治療の副作用で視力喪失などの症状がついたりしたが、エイズの原因となるHIVウイルスが消えたという診断を受けた。


エイズ治療の幹細胞治療で可能?2 
幹細胞移植画像


しかし、専門家は、幹細胞移植によるエイズ治療は、まだ危険だという意見である。

マイケルセグアラバマ大学教授は、"幹細胞の移植でエイズが治療されたということは、非常に興味深い事実"としながらも

"もし、エイズ患者にぴったりの幹細胞の提供者を捜すと言っても、この方法はあまりにも危険なので、一般的な治療薬としての使用は難しい"と話した。

幹細胞を用いたエイズ治療の方法は、既存の免疫システムを人為的に破壊した後、他の人の幹細胞を移植し、新しい免疫システムを作成するので、副作用が発生する可能性が高いという理由だ。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/10-ad6a237d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。