--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIDS(エイズ)とは?AIDS(エイズ)の感染経路は?(AIDS(エイズ)情報)

2011年03月18日 04:53

AIDS(エイズ)とは?AIDS(エイズ)感染経路は?
AIDS(エイズ)とはどんな病気なのか?


AIDS(エイズ)とはAIDS(エイズ)感染経路1

一般的にAIDS(エイズ)はAcquired Immune Deficiency Syndromeの英語の頭文字であるAIDSを英字で発音した音であり、正式名称は、AIDS(エイズ)(后天性免疫缺乏症)である。

「後天性」とは「先天性」と対比される言葉で、遺伝性(遗传性)がないという意味で、『免疫不全症候群』は、人体内の防御機能を担う免疫細胞を破壊し、免疫機能が低下した状態をいう。

つまり、AIDS(エイズ)とは免疫機能が低下し、健康な人体内での活動が抑制され、病気の原因とはできなかった細菌、真菌、ウイルス、寄生虫などの病原体で新しい菌が外部からの侵入、増殖することで発症する一連のすべての症状を総称する言葉だ。


AIDS(エイズ)とはAIDS(エイズ)感染経路3


AIDS(エイズ)の感染経路は?

AIDS(エイズ)の発症例は1981年に米国カリフォルニア州ロサンゼルスで最初に確認された。

初めに米国で発見されたAIDS(エイズ)患者のほとんどは、男性のゲイと静脈注射を使用している麻薬中毒者たちだった。

ゲイたちは性接触を通じて、麻薬中毒者は、汚染された注射針を使用することにより、ウイルスに感染した。

AIDS(エイズ)の原因ウイルスであるHIVは、1983年にフランスから分離されており、1985年にはこのウイルスを検出できる血清反応テストが開発された。

HIVは、主に血液や精液、その他の生殖器の分泌物や母乳を介して伝染する。

AIDS(エイズ)は伝染性疾患だが、接触感染性疾患ではないので、咳やくしゃみ、通常の身体的接触を通っては伝染しない。

全世界的に最も頻度が高い感染方式(全体の70%)は、異性間の性接触である。


AIDS(エイズ)とはAIDS(エイズ)感染経路2

カンジダ症(カンジダ感染による大腸炎)や、単純ヘルペス(herpes)などのように、他人との性接触により感染されているこれらの病気は、生殖器への損傷を持って来るため、AIDSに感染する危険性を高める。

また、AIDS(エイズ)ウイルスは、胎盤や母乳を通して母親から赤ちゃんへ送信することができる。

また、他の多くの人々(その中には血友病患者が多く含まれたりもした)は、汚染された血液や血液製剤を輸血受け、AIDS(エイズ)に感染した。

血液のHIV感染の検査は、1980年代末に一歩遅れて開始された。
関連記事

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aidshivjapan.blog79.fc2.com/tb.php/1-d975dd75
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。