--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ初期症状皮膚の副作用、エイズ(HIV)感染患者が最も懸念している?

2012年04月29日 04:30

エイズ初期症状皮膚の副作用、エイズ(HIV)感染患者が最も懸念している?
エイズ(HIV)感染患者、エイズ初期症状皮膚の変化、外見の変化が最も心配!
エイズ初期症状皮膚の副作用、エイズ(HIV)感染患者が最も懸念している? 1
エイズ初期症状皮膚の副作用、エイズ(HIV)感染患者が最も懸念している?

海外の学術誌がエイズ症状についてのアンケート調査を発表した。

今回のアンケート調査によると、エイズ(HIV)感染患者は、エイズ初期症状皮膚の副作用(皮膚の変化)と外見の変化を最も懸念していることが分かった。

一方、医師はエイズ(HIV)感染患者の健康に直接関連する部分について、より懸念していることが分かった。

海外の学術誌の発表によると、エイズ(HIV)感染患者は、エイズ初期症状皮膚の副作用で、肌の色などの身体外見の変化を最も懸念していることが分かった。

エイズ初期症状皮膚の副作用に続いて、エイズ(HIV)感染患者の2番目の懸念は、やはり外見の変化(38%)であり、その後に続いて、うつ病や不安(36%)を挙げて社会的にエイズ患者に確認することができる外見の変化の恐怖が最も大きいことが分かった。

エイズ初期症状皮膚の副作用、エイズ(HIV)感染患者が最も懸念している? 2
エイズ(HIV)感染患者は、エイズ初期症状皮膚の副作用と外見の変化を最も懸念している

一方、医師は患者の脂質レベルの増加(61%)、胃腸障害(60%)、うつ病や不安(40%)など、患者の身体的健康と直接関連する部分の詳細についてより懸念しており、大きな差を見せた。

一方、エイズ初期症状の治療を開始しなかった理由については、医師の87%が "検査結果が現行のガイドラインのレベルで不十分であるため(87%)"と答えた。

しかし、これに同意したエイズ患者は13%に過ぎず、エイズ患者の29%は "エイズ症状がなく健康であると感じるから"を主な理由に挙げた。
関連記事
スポンサーサイト

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。