--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ初期症状とエイズ(AIDS/HIV)感染検査を簡単かつ正確に確認する方法!オーラ・クイック(唾液で測るHIV抗体検査キット)

2011年09月15日 08:27

エイズ初期症状とエイズの感染を確認!エイズ(AIDS/HIV)感染検査を簡単かつ正確に!
20分以内に正確なエイズの初期症状とエイズに感染した結果をチェックするオーラ・クイック(唾液で測るHIV抗体検査キット)

エイズ初期症状とエイズ(AIDS/HIV)感染検査を簡単かつ正確に確認する方法!オーラ・クイック(唾液で測るHIV抗体検査キット)1 
エイズ初期症状とエイズ(AIDS/HIV)感染検査を簡単かつ正確に確認する方法!オーラ・クイック(唾液で測るHIV抗体検査キット)


エイズ(AIDS/HIV)はいまだに治療法がない病気で、エイズ初期症状や感染確認が困難な21世紀の黒死病と呼ばれるほど恐ろしい病気である。

エイズの原因はHIVで、HIVウイルスはHIV-1とHIV-2に分けられるが、世界的に広がってエイズ(HIV)感染を起こしているのは、HIV-1である。

HIV-2は主にアフリカの一部の地域で分布しており、HIV-1は、遺伝的な特性に応じて、様々な亜型に分けられるが、これらの亜型は、持続的な遺伝的変形を介して、その多様性が増加している。

HIVの感染経路は性的接触、輸血や血液製剤を介して伝播して、病院関連の従事者からの針に刺されるなどの事故に反映される場合と、母体から新生児への伝播などがある。

エイズ(HIV)感染の初期症状は、感染初期の急性HIV症候群、この後に続く無症状の潜伏期間、免疫力が落ちて日和見感染症をはじめとする様々な病的症状が現れる時期の3段階に分ける。


エイズ初期症状とエイズ(AIDS/HIV)感染検査を簡単かつ正確に確認する方法!オーラ・クイック(唾液で測るHIV抗体検査キット)3
エイズ初期症状とエイズ(AIDS/HIV)感染検査

エイズ(AIDS/HIV)症候群(後天性免疫不全症候群)は、ウイルスに感染後3〜6週間後に発生し、発熱、咽頭痛、リンパ節肥大、頭痛、関節痛、筋肉痛、吐き気、嘔吐、皮膚発疹などの症状が現れる。

ひどい場合は髄膜炎や脳炎、筋病症も伴われる。

HIVに初めて感染した後、早期に感染が診断されない場合は、患者さん本人も感染の事実を知らないまま、他の人にエイズ(AIDS/HIV)を広める可能性があるため、HIV感染の初期段階で患者を見つけて治療するのが重要である。

既存のエイズ(AIDS/HIV)感染検査は、血液を利用する方法で結果を知るまでに2週間以上の時間がかかるが、精度も落ちる方だった。

しかし、最近アメリカのOraSure Technologies(オーラシュア・テクノロジーズ)が開発し、普及しているオーラクイックは、唾液でエイズウイルスであるHIVを5〜20分以内に正確に診断することができる初めての製品だ。


エイズ初期症状とエイズ(AIDS/HIV)感染検査を簡単かつ正確に確認する方法!
オーラ・クイックの使い方(唾液で測るHIV抗体検査キット)

エイズ初期症状とエイズ(AIDS/HIV)感染検査を簡単かつ正確に確認する方法!オーラ・クイック(唾液で測るHIV抗体検査キット)2 
エイズ初期症状とエイズ(AIDS/HIV)感染簡単かつ正確に確認する


オーラクイックは、口腔粘膜(唾液)や指、または静脈から採血した血液を小さなボトルに入れて、特殊溶液と混ぜた後、妊娠検査に使うものと同様のディップスティク(dip-stick)を介して、エイズ初期症状とエイズ(AIDS/HIV)感染を診断する。

線が2つ表示される場合は陽性、1つ表示される場合は陰性である。時間が少なくかかり、正確にエイズ初期症状とエイズ(AIDS/HIV)感染検査が可能で、速成HIV抗体テストとも呼ばれる。

また、実際に感染した人たちに自分が感染したという事実を現場での話し合い、感染防止効果が大きいだけに、世界的にエイズ(AIDS/HIV)の診断検査として注目されている。

後天性免疫不全症候群、すなわち、エイズ(AIDS/HIV)は完治が困難で、正確な感染経路を見つけることが難しく、エイズ初期症状が速やかに明確に表示されるわけではないので普段から健康管理をしながら検査を受けたほうがいい。


エイズ初期症状とエイズ(AIDS/HIV)感染検査を簡単かつ正確に確認する方法!オーラ・クイック(唾液で測るHIV抗体検査キット)4
オーラ・クイック(唾液で測るHIV抗体検査キット)

エイズ初期症状が疑われ、エイズ(AIDS/HIV)感染検査を受けてみたかったが、高価な検査費用や診断の結果が遅いとの理由で、これまで先送りしてきた場合、簡単な検査方法のオーラクイックを通じて自分のHIVの感染状態をチェックすることができる。
関連記事
スポンサーサイト

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。