--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズの症状、エイズの初期症状(エイズ感染)を判断する方法!

2011年07月19日 09:00

エイズの症状、エイズの初期症状(エイズ感染)判断方法!

エイズに感染すると3〜6週間後にインフルエンザのようなエイズの症状が現れる。

エイズの症状、エイズの初期症状(エイズ感染)を判断する方法! 
エイズの症状、エイズの初期症状(エイズ感染)

つまり、エイズの症状は発熱、のどが痛くて、全身が痛くて、吐き気、嘔吐、下痢をして体がだるくなりながら、一部では、リンパ節が腫れたり、皮膚に赤い点やじんましんが出たりもする。



このようなエイズの症状は、特別な治療をしなくても1〜2週間後に自然に消える。

しかし、このようなエイズの症状は、すべてのエイズ(HIV)感染者から現れる現象ではない。

このようなHIVの初期症状(エイズの初期症状)は約50%の感染者だけ現われるし、このような症状は、複数の他の疾患でもよく見られる一般的な症状と同じなので、このような症状がHIV感染であると判断してはならない。

エイズ感染の危険性がある行動をした人々のほとんどがこのような症状のような現象が本人に表れている。

これは、エイズの症状がいくつかの他の症状と差がないからだ。

しかし、HIVに実際に感染した人にこの症状が出た場合、この症状を"HIV急性感染症"という。

これは人体に入ってきたエイズ(HIV)が増殖して血液の中に回るのウイルス血症により起こるものと見ることができる。

これらのエイズの症状は、特に治療しなくても、感染者自身の免疫力によって抑制され、自然に消えることになる。

そして、抗体は、これらの症状の消失後数週間後に検出される。

エイズの症状、エイズの初期症状(エイズ感染)を判断する方法! 2

一般的にエイズに感染されると必ず死ぬと知っている。

これは、エイズに対する誤った認識から始まったものだ。

エイズは感染されても必ず死ぬ病気ではない。

エイズは慢性疾患であり、感染されても糖尿や高血圧のように着実に薬物を服用して健康管理をよくすれば、自分の寿命まで生きていける。
関連記事
スポンサーサイト

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。