--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズ治療薬、新概念のエイズ(HIV/AIDS)治療薬 開発中!

2011年05月26日 21:23

新概念のエイズ(HIV/AIDS)治療薬 開発中!
耐性·副作用がないエイズ(HIV/AIDS)の治療物質の研究中!

エイズ(HIV、human immunodeficiency virus)を征服するため、国内外の製薬会社の努力の成果がますます具体化されている。


エイズ治療薬、新概念のエイズ(HIV/AIDS)治療薬 開発中!1 
エイズ(HIV/AIDS)治療薬 開発中!


関連業界によるとチボテク、タカラバイオなどの製薬会社は不治病であるエイズ(HIV/AIDS)にあって、既存の治療薬に比べ、革新的なウイルス抑制治療物質を承認、あるいは開発中である。

米国の製薬会社チボテクは、20日、新たなHIV - 1感染症治療剤「エデュラント(Edurant: rilpivirine)」を、既存のエイズ(HIV/AIDS)治療薬の効果がない患者さんの治療薬として米FDAの承認を受けた。

エデュラント(Edurant: rilpivirine)は、いわゆる逆転写酵素阻害剤(non - nucleoside reverse transcriptase inhibitor / NNRTI)で、ウイルスの自己再生能力を遮断する。

FDAは、HIV感染者1,368人を対象に96週間、同じ系列のエファビレンツ(Efavirenz)と比較分析した結果、エデュラント(Edurant: rilpivirine)が血液の中のウイルス量が少なくなる効果を示したと明らかにした。

また、バイオ製​​薬企業バイロメドーがタカラバイオと共同で研究されたエイズ(HIV/AIDS)治療薬も学界で注目を浴びている。

まだ正式名称はないが、バイロメドーの今回のエイズ(HIV/AIDS)治療薬は、既存のエイズ(HIV/AIDS)治療薬の短所を補完した治療薬として注目を浴びている。
 

エイズ治療薬、新概念のエイズ(HIV/AIDS)治療薬 開発中!2 
エイズ治療薬 画像


既存のエイズ(HIV/AIDS)治療薬は、高価な費用で、エイズ患者たちが購入するのに負担がされており、長期的に服用する場合、耐性ができて薬が効かなくなる場合もある。

しかし、今回の共同で研究された治療薬は、長期的な服用時にも耐性が生じないという利点がある。

バイロメドーの関係者は"今回の研究されたエイズ(HIV/AIDS)治療薬は、HIVに感染した細胞だけを殺す役割をする"とし"これに長期服用時の耐性が起こらないように見える"と説明した。

一方、2009年基準エイズ(HIV/AIDS)治療薬の市場は、世界的に121億ド​​ルに達し、2017年には151億ドルに達すると予測している。
関連記事
スポンサーサイト

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。