--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズウイルス 感染、エイズウイルス感染(AIDS/HIV感染)の影響が大きい要因は?

2011年04月29日 15:09

エイズウイルス 感染(AIDS/HIV感染)、人種よりも貧困がより大きな影響!


今まで知られていたものとは異なり、エイズウイルス 感染(AIDS/HIV感染)は人種的な背景より、経済的背景がエイズウイルス(後天性免疫不全症候群)の感染に大きな影響を及ぼすことが明らかになった。

エイズウイルス感染(AIDS/HIV感染)の影響が大きい要因は?1 
エイズウイルス感染(AIDS/HIV感染)の影響が大きい要因は?


ウォールストリートジャーナル(WSJ)によると、米国疾病管理センター(CDC)はオーストリアウィーンで開かれた国際エイズ会議で "エイズウイルス(HIV)感染率は、都市貧困層で相対的に高いことが調査され、競争より所得水準とエ​​イズの関連性がより大きいことが確認された"と発表した。

CDCは、"同じ地域で、貧困層に属している異性が富裕層に属している異性愛者に比べて、エイズ(HIV)にかかる確率が2倍も高いことが分かった"と明らかにした。

一方、白人、黒人、ヒスパニック系などの人種間のエイズ(HIV)感染率の差はほとんどないことが確認されたというのがCDCの研究結果だ。

これまで、エイズに関連する様々な研究では、人種的な背景がエイズウイルス感染(AIDS/HIV感染)の主な変数として見なされてきた。

CDCの研究結果によると、2007年に貧困層に分類されている年収1万ドル(約81万円)未満のアメリカ人の中でエイズ(HIV)にかかった率は2.4%であることが分かった。

これは、貧困層で、42人のうち1人の割合でエイズ(HIV)にかかっているという意味だ。


エイズウイルス感染(AIDS/HIV感染)の影響が大きい要因は?2 
エイズウイルス感染(AIDS/HIV感染)

これに比べて年収1万ドル以上に属しているアメリカ人のエイズウイルス感染率は1.2%で、貧困層との大きな違いを見せた。

今回の研究を主導したジョナサンモミン博士は、"貧困層は、専門的な医療サービスを利用する機会が相対的に少ない上、エイズウイルス 感染(AIDS/HIV感染)の認識も不足している結果の適時に治療を受けることはできないてみると、エイズ(HIV)への相対的により多く感染されているものとみられる"と説明した。

米国政府次元で「エイズウイルス 感染(AIDS/HIV感染):エイズと貧困の相関関係」を分析した研究が行われたのは今回が初めてだ。

CDCは、2006年から2007年にかけて18〜50歳の米国人9078人を対象にアンケート調査を実施した結果、このような結論を得た。

*エイズ(HIV)の発症率が高い両性の同性愛者は調査対象から抜けた。
関連記事
スポンサーサイト

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。