--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIV感染初期症状検査方法!エイズ検査キットHIV検査方法OraQuick!

2015年10月08日 19:41

HIV感染初期症状検査方法!エイズ検査キットHIV検査方法OraQuick!
エイズ検査方法!エイズの症状HIV検査キットで簡単確認!
HIV初期症状とエイズ初期症状確認、エイズ血液検査が必要ない!
HIV感染初期症状検査方法!エイズ検査キットHIV検査方法OraQuick!1 
HIV感染初期症状検査方法!エイズ検査キットHIV検査方法OraQuick!
HIV初期症状とエイズ初期症状!エイズ検査方法、HIV検査キットOraQuick!

HIV初期症状を自宅でも簡単に確認することができるエイズ検査キットが発売された。

エイズ血液検査で診断していたHIV感染初期症状を簡単にエイズ検査キットで診断することができる。

最近、米国でHIV初期症状を家庭で手軽に確認できるエイズ検査キットの薬局販売が承認された。

エイズ検査キットOraQuickは唾液を綿棒で採取し、エイズ検査キットに入れれば、唾液の中にある抗体を約20~40分後に通知するシステムである。

このエイズ検査キット(HIV検査キット)は、HIV-1とHIV-2の両方に反応する。

HIV感染初期症状検査方法!エイズ検査キットHIV検査方法OraQuick!2
エイズ血液検査が必要ないOraQuick
エイズの症状とエイズ初期症状、エイズ検査方法!
HIV感染者のうち約20%は、自分のHIV感染の事実を知らない
HIV初期症状を風邪などと誤認する場合が多い

臨床試験では、12人中1人の偽陰性(HIV感染だが、OraQuickエイズ検査キットで、陰性反応が出る場合)があり、5,000人のうち1人から偽陽性(HIV感染ではないが、OraQuickエイズ検査キットで、陽性反応が出る場合)があった。

一般的に医学でスクリーニング検査としてはOraQuickエイズ検査キットHIV検査方法は偽陽性と偽陰性の割合が非常に高いが、米国FDAでは、全員賛成でOraQuickを薬局販売用に承認された。

米国はエイズが社会的な問題となっている国で、米国内公式には120万人がエイズ感染患者である。

このうち約20%は、自分のHIV感染の事実を知らない。

ほとんどのHIV感染つまり、HIV初期症状を風邪などと誤認する場合が多い。

HIV感染初期症状検査方法!エイズ検査キットHIV検査方法OraQuick!3
エイズ検査方法!エイズの症状とHIV初期症状診断するOraQuick
HIV検査キットOraQuick価格は60ドル以下で販売される

そのため、米国FDAは、このような状況を少しでも克服し、病院で診察されることを気にされている人々に他の方法を追加するために承認したものとみられる。

米国の場合、エイズ検査キットOraQuickは、2012年10月から薬局で販売される。

エイズ検査キットOraQuick価格は60ドル以下で販売される予定だ。

エイズ初期症状が疑われる場合には、個人情報露出の心配がない簡単なHIV検査方法で利用される見通しだ。
スポンサーサイト

日本エイズの感染率増加!エイズの症状は発見時期が重要!

2014年02月22日 09:24

日本エイズの感染率増加!エイズの症状は発見時期が重要!
HIV初期症状時期に発見が重要!エイズ初期症状は?
日本エイズの感染率増加!エイズの症状は発見時期が重要!1
日本エイズの感染率増加!エイズの症状は発見時期が重要!
後天性免疫不全症候群、エイズとは?
HIV初期症状時期に発見するためには検査が必要

日本エイズの感染率が増加している。
日本エイズの感染率は1986年以降、10年間469人だったが、2011年には10年間の数値を超えた。

エイズとは、HIVウイルス感染によって起こる病気で、免疫システムが損傷を受け、CD4 Tリンパ球数が200/㎣未満に減少する病気である。

エイズ患者は細菌、ウイルス、真菌、原虫や寄生虫による感染症と癌などの症状を見せる。

日本エイズの感染率増加!エイズの症状は発見時期が重要!2
HIVウイルス感染によるエイズの症状、HIV初期症状は?
HIV初期症状発疹をはじめ、風邪の症状

HIV感染後は人体の免疫力が大幅に低下し、感染症や腫瘍が現れ始める。

このような状態を後天性免疫不全症候群(AIDS)、つまりエイズという。

エイズ初期症状は発疹をはじめ、風邪の症状を見せる。

現在、エイズの完治は不可能だが、HIVウイルス増殖を抑制するエイズ治療薬、エイズの症状治療法が数多く開発されている。

日本エイズの感染率増加!エイズの症状は発見時期が重要!3
エイズ治療薬、エイズの症状治療法が数多く開発中
HIV初期症状時期にエイズ感染は確認しにくい

過去とは異なり、様々なエイズ治療薬とエイズの症状治療法の開発でHIV初期症状時期に発見し、安定した病院の診療と自己管理をよくすれば、日常生活を送ることに支障はない。

エイズ感染は検査をしないと確認しにくいため、エイズの症状発見時期も遅くなる場合が多い。

HIV初期症状時期に発見するためには、迅速な検査が必要である。

多くの人とコンドームなしで性関係をしたり、パートナーが多い場合、あるいは相手に何人かのパートナーがいる場合、HIV検査が必要である。

新型エイズシャガス病が拡散!HIV初期症状との違いは?

2013年11月07日 23:20

新型エイズシャガス病が拡散!HIV初期症状との違いは?
新型エイズシャガス病(Chagas Disease)、エイズ初期感染状況と似ている?
エイズ初期症状(HIV初期症状)と新型エイズシャガス症状を比較!
新型エイズシャガス病が拡散!HIV初期症状との違いは?1
新型エイズシャガス病が拡散!HIV初期症状との違いは?
HIV初期症状(エイズ初期症状)と新型エイズシャガス病比較!

アメリカを中心に "新型エイズ"が広がっている。
ニューヨークタイムズは、米国をはじめとしてボリビア、メキシコ、コロンビアなど中南米諸国巻まで広がった新型エイズ "シャガス病(Chagas Disease)"について報道した。

ニューヨークタイムズは、医学誌PLos Neglected Tropical Diseasesを引用し、新型エイズシャガス病(Chagas Disease)にかかった患者が南米圏だけでも800万人、アメリカでも30万人になると伝えた。

また、米国と中米地域で起こっている新型エイズシャガス病(Chagas Disease)電波傾向がエイズ初期感染状況と似ていると明らかにした。

新型エイズシャガス病が拡散!HIV初期症状との違いは?2
エイズの初期症状、HIV初期症状皮膚変化
この他にエイズ初期症状発熱(HIV初期症状微熱)などエイズの症状がある

後天性免疫不全ウイルス(HIV)に感染した場合、人体の免疫力が大幅に低下し、感染症や腫瘍が現れ、このような状態がエイズだ。

HIV感染の主な感染経路は性的接触、汚染された注射器の共同使用、HIVに感染した血液の輸血である。

エイズ初期症状(HIV初期症状)は、風邪の症状の急性症状を見せるが、HIVが人体の免疫細胞を破壊し、頭打ちになって、さまざまな感染症や腫瘍が発生する。

 
新型エイズシャガス病が拡散!HIV初期症状との違いは?3
HIV初期症状(エイズ初期症状発熱)
新型エイズシャガス病の電波傾向がエイズ初期感染状況と似ている

しかし、過去とは異なり、様々な治療薬と診断法の向上で早期に発見し、安定した病院の診療と自己管理さえすれば、高血圧や糖尿病のように日常で問題なく生活することができる。

シャガス病はまた、エイズと同様に潜伏期間が長いうえに治療が事実上不可能だというのが専門家たちの意見だ。

シャガス病の感染経路は母を介して子に、または輸血の過程で感染され、新型エイズシャガス病の症状はさらに深刻だ。

感染者のうち4分の1ほどが、最終的に心臓や腸が大きくなり、結局、機能が麻痺して突然死する可能性もある。

このようなシャガス病の治療には、薬性が強い薬をぶっ通しで3ヶ月も必要があることと同時に、早期発見時にのみ効果があると知られた。

HIV初期症状の半分以上が若年層?HIV感染者数は約240万人!

2012年08月24日 23:42

HIV初期症状の半分以上が若年層?HIV感染者数は約240万人!
HIV感染初期症状が確認されたHIV感染者の半数以上が若年層!
HIV感染予防とHIV感染対策が必要!代表的なHIV感染ルートは?
HIV初期症状の半分以上が若年層?HIV感染者数は約240万人!1
HIV初期症状の半分以上が若年層?HIV感染者数は約240万人!
HIV初期症状(エイズ初期症状)、HIV感染者の半数以上が若年層!

世界中でHIV初期症状として確認されたHIV感染者の半数以上が15歳~25歳までの若年層である。

HIV初期症状が発見されたHIV感染者数は約240万人で、代表的なHIV感染ルートは性的接触で確認されている。

HIV感染ルートのうち2次感染が多く発生する国は貧困国である。

親がHIV感染した場合(HIV母子感染)、出産になる胎児も成長しながら、HIV初期症状が現れ、青少年になる前に死亡する場合がほとんどである。

HIV初期症状の半分以上が若年層?HIV感染者数は約240万人!2
HIV感染ルートのうち2次感染が多く発生する国は貧困国
エイズ初期症状とHIV感染方法、HIV感染予防とHIV感染対策が必要!

代表的な貧困国アフリカでは、HIV感染ルートのうち2次感染でHIV初期症状が現れる児童が多い。

HIVに感染されるもう一つのHIV感染ルートは貧困国の医療実態である。

血液検査をしたり、薬を投入するときに、同じ注射器で複数の人に繰り返し投入するため、HIV患者に使用した注射器を使用することにより、2次感染になる。

最初は体に何の変化もないが、免疫力が落ちるとHIV初期症状が現れ、HIVに感染した事実を知ることになる場合が多い。

HIV初期症状の半分以上が若年層?HIV感染者数は約240万人!3
HIV感染初期症状が確認されHIV感染者の半数以上が15歳~25歳!
代表的なHIV感染ルートは性的接触とHIV母子感染!

HIV感染の疑いがあるHIV初期症状は3~6週間後にインフルエンザのような症状が現れる。

高熱が出て、のどが痛くて、全身の痛みがあり、嘔吐、下痢などの消化器症状がある場合もある。

青少年の性教育とHIV感染予防のために、学校や教育機関などでは、より積極的にHIVの危険性を知らせ、HIV感染対策を立てる必要がある。

HIV感染初期症状!HIV初期症状の特徴は?(AIDSとは?)

2012年08月24日 03:25

HIV感染初期症状!HIV初期症状の特徴は?(AIDSとは?)
HIV感染初期症状! HIV感染者症状は?
HIV感染初期症状!HIV初期症状の特徴は?(AIDSとは?)1 
HIV感染初期症状!HIV初期症状の特徴は?(AIDSとは?)
HIV感染初期症状(HIVの初期症状)HIV感染者の特徴は?

AIDSとは、HIVが体内に侵入し免疫細胞を破壊して様々な感染症やがんなどで死亡する病気である。

HIV感染つまり、HIVが体に入ると、一般的に6~12週間が過ぎてから抗体が生成され、抗体の形成後、検査でHIV感染かどうかを確認することができる。

HIV感染症状が現れる患者と確認されれば、治療していない場合は、数年以内に死亡する可能性が高い。

しかし、HIV感染初期症状であると確定診断されても、早期治療と健康管理だけよくすれば、日常生活をすることができる。

HIV感染初期症状!HIV初期症状の特徴は?(AIDSとは?)2 
AIDSとは様々な感染症やがんなどで死亡する病気である
しかし、HIVの初期症状であると確定診断されても、早期治療と健康管理で、日常生活をすることができる
そのため、HIV初期症状が疑われる場合、検査を受けた方が良い

また、HIV感染の事実も法律的に秘密が保障され、治療費、健康相談、免疫検査などを無料で受けられる。

そのため、HIV初期症状が疑われる場合は、検査を受けた方が良い。

AIDS(エイズ)は、HIV初期症状とHIV疾患の進行段階に分けて見ることができるが、HIVに感染したときに特徴的な症状はない。

しかし、一部ではHIVの初期症状として体重減少、慢性の下痢、発熱、咳、全身疲労などの非特異的HIVの症状が報告されている。

HIV初期症状は風邪の症状と似ている。

HIV感染初期症状!HIV初期症状の特徴は?(AIDSとは?)3
HIV感染初期症状!HIV感染者症状は?
HIVの症状、HIV初期症状は風邪の症状と似ている
HIV症状がない潜伏期間には感染者が認知していない状態で性関係などでウイルスを移すこともできる

このようにHIV感染者症状は風邪と同じようなHIV初期症状を経て、潜伏期間に入る。

以降、HIV症状がない潜伏期間は少なくとも8年から10年ほど持続して免疫力が持続的に低下すると発症することになる。

特に、HIV症状がない潜伏期間には感染者が認知していない状態で性関係などでウイルスを移すこともできる。

また、HIV感染者本人も、治療時期を逃すため、定期検診による早期診断と治療が何よりも重要である。

HIV初期症状 皮膚の変化、エイズ初期症状発疹は単純なストレスが原因?

2012年06月26日 11:48

HIV初期症状 皮膚の変化、エイズ初期症状 発疹は単純なストレスが原因?
HIV初期症状、日常的な皮膚接触でHIV(エイズウィルス)に感染しない?

HIV初期症状皮膚の変化、エイズ初期症状発疹は単純なストレスが原因?1
HIV初期症状 皮膚の変化、エイズ初期症状発疹は単純なストレスが原因?


エイズ(AIDS)患者との皮膚接触の後、HIV初期症状を心配する場合がある。

しかし、ほとんどの日常的な皮膚の接触でHIV(エイズウィルス)に感染しない。

HIV(エイズウィルス)に感染しなくても、ストレスが原因で、エイズ初期症状 皮膚発疹などの皮膚の変化が現れることがある。

エイズ(AIDS)患者と日常的な生活や接触をするとしてHIV(エイズウィルス)に感染することはほとんどない。


HIV初期症状皮膚の変化、エイズ初期症状発疹は単純なストレスが原因?2
エイズ感染初期症状(HIV感染初期症状)
HIV初期症状 皮膚、エイズ初期症状 発疹情報

エイズ(AIDS)患者が使ったものと接触をするとしても感染はしない。

また、蚊や虫を媒介にしてエイズに感染したという報告もない。

したがって、このような心配でエイズ(AIDS)患者との接触を気にしたり、差別してはならない。


HIV初期症状 皮膚の変化、エイズ初期症状 発疹は単純なストレスが原因?

HIV初期症状皮膚の変化、エイズ初期症状発疹は単純なストレスが原因?3
エイズの初期症状(エイズの症状 皮膚)
HIV症状 皮膚とエイズ症状 皮膚情報


次のような場合、HIV(エイズウィルス)に感染しない。

- 同じ部屋を使ったり、公共施設を一緒に利用する場合

- 食べ物を分けて食べる場合

- 一緒にトイレを使用する場合

- 食器を一緒に使用する場合

- 軽いキスをする場合

※このようにHIV(エイズウィルス)は日常的な身体接触をを通しては感染しない。

エイズ初期症状はインフルエンザに似ている?HIV初期症状、リンパ節が大きくなって発熱、悪寒、下痢、体重減少!

2012年06月24日 05:09

エイズ初期症状はインフルエンザに似ている?HIV初期症状、リンパ節が大きくなって発熱、悪寒、下痢、体重減少!
エイズ初期症状はインフルエンザのように高熱、頭痛から始まる?
エイズ初期症状はインフルエンザに似ている?HIV初期症状、リンパ節が大きくなって発熱、悪寒、下痢、体重減少!1
エイズ初期症状はインフルエンザに似ている?
HIV初期症状、リンパ節が大きくなって発熱、悪寒、下痢、体重減少!

HIVに感染すると(エイズに感染すると)2~6週の潜伏期を経た後、短い急性HIV症候群が現れる。

エイズ初期症状として、インフルエンザのような高熱や頭痛、咽頭痛、筋肉痛、嘔吐、皮膚発疹などがあらわれる。

このようなエイズ初期症状(急性HIV症候群)は、感染者の約50%であらわれる。

抗体ができて、このような症状は1週間~2か月以内に消滅する。

エイズ初期症状(急性HIV症候群)が消えた後に何の症状もない"無症候期"が来る。
 

エイズ初期症状はインフルエンザに似ている?HIV初期症状、リンパ節が大きくなって発熱、悪寒、下痢、体重減少!2
エイズ初期症状時期(HIV初期症状時期)
全身のリンパ節が大きくなって発熱、悪寒、下痢、体重減少

場合によっては無症候期が数年間は継続されることもある。しかし、この時期にも細胞性免疫機能はますます低下する。

無症候期の後に全身のリンパ節が大きくなって発熱、悪寒、下痢、体重減少などが1ヶ月以上持続する。

全身脱力感と疲労感、食欲不振、不眠などが生じたりする。

このような症状は、本格的なエイズの病気が現れる前の "エイズ関連症候群(AIDS related complex:ARC)"と呼ばれる。

ウイルス感染がエイズになったら2次的に癌があらわれることもある。また、ウイルスや寄生虫などによる感染症が発生したりする。

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。