--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIV血液検査、普通の血液検査ではHIV感染を確認できない?(HIV抗原抗体検査/エイズ血液検査)

2012年03月02日 05:03

HIV血液検査、普通の血液検査ではHIV感染を確認できない?(HIV抗原抗体検査/エイズ血液検査)
HIV血液検査、HIV抗原抗体検査を血液で検査する必要があり、HIV感染の有無を確認可能!
 HIV血液検査、普通の血液検査ではHIV感染を確認できない?(HIV抗原抗体検査/エイズ血液検査)1
HIV血液検査、普通の血液検査ではHIV感染を確認できない?(HIV抗原抗体検査/エイズ血液検査)

普通の血液検査でHIV感染を確認することは可能なのか?


ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染すると、HIV初期症状でつかれ病い風邪のような症状を経た後の潜伏期間に入る。

HIV感染後、3~10年が過ぎて免疫力が落ちて起こる日和見感染症が発生しない場合、HIV感染者がHIVに感染したかを知るのは難しい。

普通の血液検査は、HIV感染の検査項目がない。

したがって、普通の血液検査でHIV感染の有無を確認することはできない。

HIV感染を確認するためには、HIV血液検査(HIV抗原抗体検査)の項目を血液で検査する必要があり、この検査でHIV感染を確認することができる。

HIV血液検査、普通の血液検査ではHIV感染を確認できない?(HIV抗原抗体検査/エイズ血液検査)2
HIV感染検査の段階は2段階
確定診断のための検査でも陽性反応が出ると、HIV感染者に確認される

HIV感染検査の段階は1段階でスクリーニング検査であるHIV抗原抗体検査(HIV血液検査)を実施し、陽性の場合はもう一回検査をする。

二回とも陽性反応が確認されると、2段階にウエスタンブロット法(Western blot technique:WB法)が行われる。

確定診断のための検査でも陽性に確認されると、HIV感染者に確認される。

ただし、確定診断の検査で陽性反応が出なければ1~2ヵ月後に再度、HIV血液検査をする。

エイズの原因となるHIV感染は、簡単には発生しない。HIV血液検査の前から心配をする必要はない。
スポンサーサイト

HIV感染確率を96%減少させるHIV(エイズ)治療薬HPTN 052を開発!

2012年01月31日 18:42

HIV感染確率を96%減少させるHIV(エイズ)治療薬HPTN 052を開発!
HIV感染経路は、異性間の性交渉が多い?
 HIV感染確率を96%減少させるHIV(エイズ)治療薬HPTN 052を開発!1
HIV感染確率を96%減少させるHIV(エイズ)治療薬HPTN 052を開発!

HIV感染確率(エイズ感染確率)を96%まで減少させる治療薬が開発された。

hiv感染初期症状は風邪と似ているので、エイズ感染者が感染の事実を知らない場合が多い。

結果的に本人も知らないうちに配偶者や恋人にHIV(エイズ)を感染させることになる場合が多い。

1985~2010年のHIV感染者のHIV感染経路が明らかになった6213人の中で、約60%が異性間の性交渉によって感染した場合だ。

同性間性交渉によるHIV感染は全体の39%と集計された。HIV感染経路は、異性間の性交渉が多いということだ。

HIV感染確率を96%減少させるHIV(エイズ)治療薬HPTN 052を開発!2
hiv感染初期症状は風邪と似ている
HIV感染経路は、異性間の性交渉が多い

HIV(エイズ)が発見された初期には、同性愛者をスケープゴートにされて、まるで同性愛者だけがHIV(エイズ)に感染すると知られたが、実際にはそうではない。

米国ノースカロライナ大学の研究チームはHPTN 052を迎えたHIV感染者の配偶者など、相手を感染させる確率が96%減少すると発表した。

2007年から米国、ブラジル、インド、など9​​カ国で募集したエイズ感染者カップル1,763組を対象にした臨床試験の結果だ。

HIVとは、体内に侵入したヒト免疫不全ウイルス(HIV)が引き起こす疾患だ。

HIV(エイズ)は、徐々に世を増やし、数年間、代表的な免疫細胞であるT細胞を破壊する。

HIV感染確率を96%減少させるHIV(エイズ)治療薬HPTN 052を開発!3
HIV感染確率を96%減少させるHPTN 052は、HIV感染を100%近く防ぐことができる

T細胞はウイルスに感染された細胞と古い細胞を食べる。

しかし、T細胞の数が減り、免疫不全状態になると風邪などの弱いウイルスも致命的な脅威となる。

国連合同エイズ計画(UNAIDS)は、昨年、HIV(エイズ)で死亡した人が180万人と発表した。

HIV(エイズ)の治療が拡大し、頂点をとった2006年の220万人より40万人減少したものの、まだ多くの人が毎年命を失うということだ。

米国ノースカロライナ大学の研究チームは、"HPTN 052は、HIV感染を100%近く防ぐことができる"とし、"HIV(エイズ)は治療しにくいと思ったゲームの法則を変えることができるだろう"と話した。

AIDS感染(エイズ感染HIV感染)、膣用ジェルが直腸AIDS感染(エイズ感染HIV感染)予防にも効果?

2011年07月05日 12:55

膣用ジェルが直腸AIDS感染(エイズ感染HIV感染)予防にも効果?

AIDS感染(エイズ感染HIV感染)のリスクを減少させることが知られてきた女性が性行為に使用する膣用ジェルが直腸部位のAIDS感染(エイズ感染HIV感染)を抑制する効果があることが明らかになった。
 

AIDS感染(エイズ感染HIV感染)、膣用ジェルが直腸AIDS感染(エイズ感染HIV感染)予防にも効果?1
AIDS感染(エイズ感染HIV感染)

米国ロサンゼルスのカリフォルニア大学予防研究センターのピーターアントーン所長をはじめとする研究者は最近、米国ボストンで開かれた医学会議で抗ウイルス剤"テノホビル(Tenofovir)"が含まれて膣用ジェルを直腸で使用した最初の臨床試験の結果を発表した。

研究チームは、AIDS感染(エイズ感染HIV感染)検査で、陰性反応を見せたの男女18人の直腸に一週間、膣用ジェルを塗って、直腸の組織を採取して研究室でHIVに接触させ、AIDS感染(エイズ感染HIV感染)を防ぐことができるかどうかを観察した。

その結果、1週間の試験の後、プラセボを使用した対象者と比較し、テノホビル(Tenofovir)ジェルを使用した対象者から提供された組織サンプルでは、​​AIDS感染(エイズ感染HIV感染)が著しく抑制された。

一方、テノホビル(Tenofovir)経口剤では予防効果がなかった。

AIDS感染(エイズ感染HIV感染)、膣用ジェルが直腸AIDS感染(エイズ感染HIV感染)予防にも効果?2 
抗ウイルス剤"テノホビル(Tenofovir)"膣用ジェル

別の研究では、米国、ウガンダ、南アフリカ共和国144人の女性に経口剤とジェルを使用するようにした後、膣内の組織を比較した結果、ジェルを使用した場合にテノホビル(Tenofovir)の組織中濃度が100倍高いことが分かった。

世界的にAIDS(エイズHIV)感染者の3分の2に相当する2250万人の感染者がいると推算されているサハラ以南のアフリカでは感染者の約60%がコンドームを使用しない性行為で感染した女性だ。

このため、コンドームよりも女性が使用を決定しやすい簡単なジェルや経口剤でAIDS感染(エイズ感染HIV感染)を防ぐことができると期待される。

エイズ患者(AIDS/HIV患者)の死亡原因は?エイズ患者(AIDS/HIV患者)肺がん(癌)、肛門がん(癌)などで死亡が増加!

2011年06月23日 04:40

エイズ患者(AIDS/HIV患者)の死亡原因、肺がん(癌)、肛門がん(癌)などで死亡が増加!

エイズ患者(AIDS/HIV患者)の死亡原因のうち、非エイズ関連のがん(癌)、特に肺がん(癌)、肛門がん(癌)、肝臓がん(癌)、ホジキンリンパ腫などで死亡するケースが増加していることが分かった。

エイズ患者(AIDS/HIV患者)の死亡原因は?エイズ患者(AIDS/HIV患者)肺がん(癌)、肛門がん(癌)などで死亡が増加!1
エイズ患者(AIDS/HIV患者)の死亡原因は?


米国立がん(癌)研究所(NCI)、感染症、免疫力学ミレイディシールズ(Meredith S. Shiels)博士は"エイズ患者(AIDS/HIV患者)に発生するがん(癌)の数とがん(癌)の形態は、1991年から2005年の15年間で大きく変化している"とJournal of the National Cancer Instituteに発表した。

HIV感染者(AIDS/エイズ感染者)ではカポジ肉腫、非ホジキンリンパ腫、子宮頸がん(癌)のリスクが高くなると知られている。

これらの"エイズ(AIDS/HIV)関連がん(癌)"の罹患率は1090年代半ばに高活性レトロウイルス薬物療法(HAARTT)が登場して低くなり始めた。

また、HIV感染者(AIDS/エイズ感染者)では肺がん(癌)、肛門がん(癌)、肝臓がん(癌)、ホジキンリンパ腫などの"非エイズ関連のがん(癌)"のリスクが高まる。

シールズ博士のNCIと米国疾病管理本部(CDC)の共同研究チームは、米国のエイズ患者(AIDS/HIV患者)を対象に、これら2群の発がん(癌)の現状を検討するために、米国のHIV /エイズがん(癌)に対する研究CDCのデータを1991〜1995年(前HAART期)、1996〜2000年(HAART初期)、2001〜2005年(HAART後期)の3つの期間に分けて評価した。


エイズ患者(AIDS/HIV患者)の死亡原因は?エイズ患者(AIDS/HIV患者)肺がん(癌)、肛門がん(癌)などで死亡が増加!2
エイズ患者(AIDS/HIV患者)肺がん(癌)、肛門がん(癌)などで死亡が増加!

その結果、エイズ(AIDS/HIV)関連のがん(癌)患者数は、予想通り前HAAT期(3万4587人)で、HAART後期(1万325人)に大きく減少した。

逆に非エイズ関連のがん(癌)は、HAARTの初期(3193人)で、後期(1万59人)の3倍に増加した。

実際、2003年以降、エイズ関連のがん(癌)の占める割合は50%未満に低下した。

博士はまた、34州、2004〜07年のデータを利用してエイズ(AIDS/HIV)にかかっていないHIV感染者(AIDS/エイズ感染者)のがん(癌)の罹患率も評価した。

その結果、この集団では肺がん癌が最も多く、全体のがんの20%を占めた。

シールズ博士は非エイズ関連のがん(癌)が増加する理由として、患者の高齢化と生存期間の延長を挙げている。

米国のエイズ患者(AIDS/HIV患者)は、主に、HAARTによる生存期間の延長で、40歳以上の患者が増加した結果、1991年から2005年(15年間)の4倍に増加した。

博士は、エイズ(AIDS/HIV)にかかった高齢患者が増加し、がん(癌)を発症するパターンが変更され、その結果、新たな重大な公衆衛生上の問題が発生していると指摘した。

エイズ患者(AIDS/HIV患者)の死亡原因は?エイズ患者(AIDS/HIV患者)肺がん(癌)、肛門がん(癌)などで死亡が増加!3
HIV感染者(AIDS/エイズ感染者)に特化したがん治療

彼は、"非エイズ関連のがん(癌)の増加は、HIV感染者(AIDS/エイズ感染者)の集団でがん(癌)予防と早期発見の必要性を浮き彫りにした"とし、禁煙による肺がん(癌)の予防、B型、C型肝炎の予防と治療に伴う肝がん(癌)のリスクの減少、肛門がん(癌)スクリーニングの効果の追加の評価など、様々な戦略を提示した。

また、HIV感染者(AIDS/エイズ感染者)に特化したがん治療の必要性も指摘した。

"個人病院で治療が可能なHIV感染者(AIDS/エイズ感染者)のがん(癌)は少ないので、複数の施設で共同組織を作り、HIV感染者(AIDS/エイズ感染者)のための(癌)治療のプロトコルを包括的に検討しなければならない"と指摘した。

エイズ患者感染の事実をしらない?エイズ患者(AIDS/HIV)の20%は感染の事実を知らず、早期治療の機会を逃している!

2011年06月09日 12:55

エイズ患者(AIDS/HIV)感染の事実が分からなく、早期治療の機​​会を逃している!

米国(アメリカ)でのエイズウイルス(AIDS/HIV)に感染した人のうち20%程度が感染の事実を知らないと把握されており、早期治療の機​​会を逃していることが分かった。


エイズ患者感染の事実をしらない?エイズ患者(AIDS/HIV)の20%は感染の事実が分からなくて、早期治療の機​​会を逃している!1 
エイズ患者(AIDS/HIV)20%、感染の事実を知らない!


米国(アメリカ)疾病管理予防センター(CDC)の専門家たちはエイズウイルス(AIDS/HIV)に感染した人のうち20%程度が感染の事実を知らずにおり、エイズウイルス(AIDS/HIV)に感染した人の3分の1は、あまりにも遅く感染の事実を診断され、1年間で、エイズ患者(AIDS/HIV)に発展する状況に直面していると推定している。

全国日刊USAトゥデーは、疾病管理予防センター(CDC)の統計を引用し、このように伝えながら、エイズ患者(AIDS/HIV)の数と、一歩遅れて、エイズ患者(AIDS/HIV)の判定を受けた患者の数が多いフロリダ、ニューヨーク、テキサス州、ジョージア州、ニュージャージー州の順で明らかになったと報道した。

エモリデロリンズ保健大学院のジムキュラン教授は"エイズウイルス(AIDS/HIV)に感染した人々の中であまりにも遅く、エイズの判定を受ける場合が多く、患者の生命を救い、他の人に伝染させることを防ぐ機会を逃す場合が多い"と評価した。

米国(アメリカ)立衛生研究所(NIH)は、5月に公開したレポートで、エイズ患者(AIDS/HIV)に対する治療が開始されると性行為による感染のリスクを96%程度減少させることがあるという研究結果を発表したことがある。


エイズ患者感染の事実をしらない?エイズ患者(AIDS/HIV)の20%は感染の事実が分からなくて、早期治療の機​​会を逃している!2 
エイズ患者(AIDS/HIV)23万6千400人が感染の事実を知らずにいる!

疾病管理予防センター(CDC)は、米国(アメリカ)内のエイズウイルス(AIDS/HIV)に感染した人は約1千100万人であり、この中、23万6千400人が感染の事実を知らずにいるものと推定している。

また、毎年5万6千人余りが新たにエイズ(AIDS/HIV)に感染されている中で、この中の半分は自分がエイズ(AIDS/HIV)に感染した事実を知らない患者たちによって伝播されるものと把握されている。

疾病管理予防センター(CDC)は、2006年以降、医療機関でエイズ検査(AIDS/HIV)の定例化を推奨しており、これに伴い、2001年から2007年の間に一歩遅れて、エイズ患者(AIDS/HIV)の判定を受ける割合が5%程度減少したことが分かった。

エイズ治療薬、新概念のエイズ(HIV/AIDS)治療薬 開発中!

2011年05月26日 21:23

新概念のエイズ(HIV/AIDS)治療薬 開発中!
耐性·副作用がないエイズ(HIV/AIDS)の治療物質の研究中!

エイズ(HIV、human immunodeficiency virus)を征服するため、国内外の製薬会社の努力の成果がますます具体化されている。


エイズ治療薬、新概念のエイズ(HIV/AIDS)治療薬 開発中!1 
エイズ(HIV/AIDS)治療薬 開発中!


関連業界によるとチボテク、タカラバイオなどの製薬会社は不治病であるエイズ(HIV/AIDS)にあって、既存の治療薬に比べ、革新的なウイルス抑制治療物質を承認、あるいは開発中である。

米国の製薬会社チボテクは、20日、新たなHIV - 1感染症治療剤「エデュラント(Edurant: rilpivirine)」を、既存のエイズ(HIV/AIDS)治療薬の効果がない患者さんの治療薬として米FDAの承認を受けた。

エデュラント(Edurant: rilpivirine)は、いわゆる逆転写酵素阻害剤(non - nucleoside reverse transcriptase inhibitor / NNRTI)で、ウイルスの自己再生能力を遮断する。

FDAは、HIV感染者1,368人を対象に96週間、同じ系列のエファビレンツ(Efavirenz)と比較分析した結果、エデュラント(Edurant: rilpivirine)が血液の中のウイルス量が少なくなる効果を示したと明らかにした。

また、バイオ製​​薬企業バイロメドーがタカラバイオと共同で研究されたエイズ(HIV/AIDS)治療薬も学界で注目を浴びている。

まだ正式名称はないが、バイロメドーの今回のエイズ(HIV/AIDS)治療薬は、既存のエイズ(HIV/AIDS)治療薬の短所を補完した治療薬として注目を浴びている。
 

エイズ治療薬、新概念のエイズ(HIV/AIDS)治療薬 開発中!2 
エイズ治療薬 画像


既存のエイズ(HIV/AIDS)治療薬は、高価な費用で、エイズ患者たちが購入するのに負担がされており、長期的に服用する場合、耐性ができて薬が効かなくなる場合もある。

しかし、今回の共同で研究された治療薬は、長期的な服用時にも耐性が生じないという利点がある。

バイロメドーの関係者は"今回の研究されたエイズ(HIV/AIDS)治療薬は、HIVに感染した細胞だけを殺す役割をする"とし"これに長期服用時の耐性が起こらないように見える"と説明した。

一方、2009年基準エイズ(HIV/AIDS)治療薬の市場は、世界的に121億ド​​ルに達し、2017年には151億ドルに達すると予測している。

エイズ(HIV/AIDS)感染率、抗レトロウイルス剤(ATR)がエイズ(HIV/AIDS)感染率を96%まで下げる!

2011年05月17日 08:21

抗レトロウイルス剤(ATR)の早期投与、エイズ(HIV/AIDS)感染率96%まで下げ!
伝播の危険性が急減する可能性の証明された最初の研究事例

抗レトロウイルス剤(ATR)の早期投与によってエイズ(HIV/AIDS)に感染する危険性を96%まで下げることができる研究結果が出た。

エイズ(HIV/AIDS)感染率、抗レトロウイルス剤(ATR)、エイズ(HIV/AIDS)感染率96%まで下げ!1 
エイズ(HIV/AIDS)感染率

片方だけエイズ(HIV/AIDS)に感染した多数のカップルを対象に研究を進めた結果、このような結論に達することができた。

研究を総括していたアメリカのノースカロライナ大学のマイロンコーエン義務副総長は、"今回の研究こそ、エイズ(HIV/AIDS)に感染した患者が抗レトロウイルス剤(ATR)早期投与で、まだ感染していないパートナーとの性的に接触する過程で、エイズ(HIV/AIDS)の伝播の危険性を大幅に減らすことができることを証明した初の無作為分類臨床試験事例"という言葉の意義を強調した。

コー​​エン博士らの研究は、9カ国からの一方は、エイズ(HIV/AIDS)感染を示し、もう一方は、エイズ(HIV/AIDS)ウイルスの陰性を表すカップル合計1,763組を徴収した中で行われたものだった。


全てのカップルたちの中に95%は、異性愛をする人でも同性愛カップルは3%にすぎなかった。

テストプロジェクトの名称は「HPTN 052」(HIV Prevention Trials Network)と命名された。

また、被験対象カップルたちが徴収された9カ国は、米国、タイ、ブラジル、インド、南アフリカ、ボツワナ、ケニア、マラウイ、ジンバブエなどだった。

研究チームは、エイズ(HIV/AIDS)ウイルスに感染している被験者の場合は、免疫系に関与している"CD4細胞"の値を測定した。

この数値は、細胞あたり350〜550立方ミリメートルの間にあたり徴収の時点ではまだ抗レトロウイルス剤(ATR)の投与が必要ではない人たちだけが徴収しようとした。

その後、任意の分類を経てエイズ(HIV/AIDS)感染が示されているグループに属する人々には、すぐに抗レトロウイルス剤(ATR)投与を開始した。

また、残りのグループは、"CD4細胞"数値が細胞あたり250 /立方ミリメートル以下に落ちたり、またはエイズ(HIV/AIDS)関連疾患が表示されるまで投与を留保した。


エイズ(HIV/AIDS)感染率、抗レトロウイルス剤(ATR)、エイズ(HIV/AIDS)感染率96%まで下げ!2 
エイズ(HIV/AIDS)感染率

米国の国立保健研究院(NIH)の研究費の支援を受けた中で、2005年4月に着手されたこの研究は、もともと2015年の末まで行われる予定だった。

ところが、安全性検討委員会が研究から導き出されたデータを中間分析した結果免疫系の健康を相対的に良好に維持されたエイズ(HIV/AIDS)感染症の患者たちに抗レトロウイルス剤(ATR)を早期に投与したときにエイズ(HIV/AIDS)感染率が大幅に減少したという明確な結論に達することができた。

つまり、中間解析で抗レトロウイルス剤の投与をゆっくりとした877組の場合は、27件のエイズ(HIV/AIDS)の感染が目立った一方、早期の投与を行ったグループでは、感染件数が1件に過ぎないほどだった。

さらに、抗レトロウイルス剤を早期に投与したグループの場合は、たとえ、すでにエイズ(HIV/AIDS)ウイルスに感染した患者たちだとしても、相対的に健康に注目すべき効用性を与えることがわかった。

つまり、すでにエイズ(HIV/AIDS)ウイルスに感染されているのに抗レトロウイルス剤(ATR)の投与をゆっくりとした患者の場合、17件に達する肺外結核が観察されていたのに比べ、早期投与群に属していた患者たちの中では肺外結核の発生件数が3件にとどまっている。

一方、研究が進行される中、23人の死者が発生したが、グループ別では、抗レトロウイルス剤の投与を留保していたグループで13人、迅速な投与を開始したグループでは10人と調査された。

AIDS(エイズ)HIV最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。